Category: 未分類

合コンで出会ってスピード結婚

6f8064a327efbbfff2d9b5db5b0e8f53_s

夫と知り合ったのは、友人が開いてくれた合コンがきっかけでした。元カレと別れて、ずっと落ち込んでいたのですが、このままでは立ち直ることができないと思い、思い切って参加しました。

お互いの第一印象は、好みのタイプじゃない!でしたが、話してみると地元が一緒だったり、共通点が多く話が盛り上がりました。とりあえず、流れで電話番号を交換しましたが、恋愛関係に発展することは考えられませんでした。

それから仕事が忙しくなり、連絡をとることはなかったのですが、仕事が一段落したタイミングで夫から連絡がありました。食事に誘われ、ちょうど予定もなかったので一緒に出かける約束をしました。会って話をすると、不思議と心が許せる感じがして、一緒にいるととても落ち着いた気持ちになりました。自然と二人で遊びに行くことが多くなり、いつの間にかお付き合いが始まりました。

そして付き合って半年で婚約、1年で結婚しました。結婚願望もお互いなく、まさかこうなるとは思っていなかったのですが、結婚後は毎日楽しく、幸せを噛みしめながら生活しています。

職場の上司と毎日電車が同じだったのがキッカケです。

708f428a9f575daf71fcd86af7164761_s

職場の上司だったのが今のパートナーでした。
はじめはとても厳しい上司で恋愛対象ではありませんでした。とても仕事ができる上司で、同期の社員の中では出世頭といわれていました。背も高く、なかなかカッコよかったので、女子社員の憧れでもありました。その分、上役の娘さんとの縁談があるとの噂もあったので、別次元の人だと思っていました。

仕事で一緒になる事は殆ど無かったのですが、通勤の電車が同じで、頻繁に同じ時間の同じ車両に乗り合わせる事が多かったです。同じ車両に乗り合わせて無視するわけにはいかないので、形式上の挨拶を交わす程度だったのですが、毎日のように行きも帰りも同じになるので、そのうち世間話など色々話すようになりました。

好きになったらダメな相手だと思っていたのですが、ある日帰宅時に食事に誘われ、その時に彼から告白されました。とってもモテていることや、上役の娘さんとの噂もあったのでお断りしたのですが、彼の口から全部唯の噂だといわれました。
実際には彼は私が異動してきた時から一目惚れしてくれていて、わざわざ電車の時間や車両など、同じになるように合わせていたそうです。

夫との出会いは居酒屋のカウンター

75f78391df228dc5880c053c9ce9574b_s

夫との最初の出会いは居酒屋でした。当時、私は短大を卒業して地元の会社にUターン就職したばかりの新人1年目でした。会社の女性の先輩に誘われて先輩の行きつけだというお店へ連れて行ってもらった時です。店主が一人でやっているカウンターだけの狭い居酒屋です。そこでたまたま隣に座っていたのが今の夫です。

彼は県内の離れた場所に住んでいたのですが夏の休暇を利用して一人暮らしの友人宅に遊びに来ていたとのこと。このお店も以前から来ていて店主とも知り合いだったようです。
狭い店なのでそのうち会話するようになり、その時は優しそうな人だなというくらいで何も感じなかったのですが・・・。

その翌日、店主が常連客と海でバーベキューをするというので先輩と私も誘ってくれました。地元に友人も少なく暇だった私は喜んで参加することに。当日海へ行くと昨晩の彼も来ていました。私には知り合いもいなかったので彼と話しているとお酒の酔いも手伝ってあれこれ深い話になりました。
彼は私よりずっと年上だったので「結婚しないの?結婚したいと思う?」と聞くと「いい人がいればするよ」と。一気に距離が縮まった感じがしました。「今度遊びに行こうよ」と彼に電話番号を聞かれ、その後電話で告白されてお付き合いすることになりました。

海外でピンときた!

6b8c51032a248ef8839a06d7f3d33c1b_s

私と私の今のパートナーとの出会いのカタチは海外でした。
5年前に私が台湾旅行に一人旅で行ったときに運命の出会いがありました。台湾にはたくさんの夜市がありますが、昔ながらの台湾の雰囲気や庶民の生活を感じたいと思い、レトロな雰囲気が漂う華西街観光夜市という所に行きました。

日本でいう郊外の商店街や地下街アーケードといった感じで雰囲気はレトロな雰囲気で気に入ったのですが、なにせ観光地じゃないので英語が通じない。。。台湾語が分からない私が地図を見ながら苦労しているときに、荷台に大きな荷物を載せた原付バイクがいきなり小道から飛び出してきて、それを助けてくれたのが今の彼でした。

まるでドラマのような出会いに自分でもびっくりですが、私の手を引っ張って「危ない!」的なことを台湾語で言われ、私が英語で「有難う、でも私日本人で台湾語わかりません」というと、彼は以前オーストラリアに留学していて英語が出来たので、それからは英語での会話でした。私が一人旅だと言うと、明日は自分が休みだから案内してあげるといってくれて、次の日1日、一緒に過ごしていた時に「この人しかいない」とピンときました。

しばらくは台湾と日本をお互いが行き来する付き合いが始まり、それから彼が日本に移住する決意をしてくれて、結婚となりました。

海外旅行ケープタウンで劇的な出会い

292bdcda3cdddd90cfefcc3aaecca8d9_s

今のパートナーとは海外旅行ツアーで出会うという経験をして、それが今も続いています。
元々海外にはあまり興味がなかったのですが、ある友人の話をきっかえとして急に行ってみたくなったのです。とはいってもどうせいくならできるだけ遠いところがよいと思って探していると、南アフリカのケープタウンの美しさに惹かれ、ここにしようと思いました。

11日間のツアーなのですが、緊張しているとここに自分と同じように一人で参加に来ている女性がいて、話かけるととても話やすくて緊張しない人だと思い、お互いにシングルなので気楽なので一緒にツアー中行動することになったのです。
年配者が多い中で若者2人が一緒に行動していると、それは自然と惹かれあってしまうものであり、なにをするにも一緒という感じになりました。きれいな景色、おいしい食事、海外っていいなあという気持ちになりながら隣には女の子がいるという最高の盛り上がりであり、このツアーに参加してつくづくよかったと思いました。

ツアーは終了したのですが、お互いに連絡を取り合う約束をして、その後すぐに交際がスタート、そしてパートナーとなりました。

運命の出会いは突然やってきました

e51cb71609b1b12b7010adf278cc82d2_s

今のパートナーとは、なんと競馬場で知り合いました。出会いというものは、いつどんな時に突然やってくるのか予想できません。まさかこんな場所で一生を共にするパートナーが見つかるなんて、想像もしていませんでした。

競馬場といってもギャンブルが好きで行くわけではなく格好いい競走馬を見に行くのが目的なのですが、その日はたまたま場内のショップでかわいい馬のぬいぐるみを手にした一人の男性の姿が目に止まりました。その男性はちょっと恥ずかしそうに照れ笑いをして手にしたぬいぐるみの馬について話しかけてきたので、そのまま30分程立ち話をして、その日は一緒に競馬を楽しむことになったのです。
彼も競走馬に興味があり、ギャンブルが目的で来ているのではないことを知り、同じ趣味を持っていることは当然承知ですから、最初から話しが盛り上がり、お互いのメアドを交換してその日は別れました。

それから毎晩のようにメールで盛り上がり、休日には競馬場で会い、そのうちに夜食事したりドライブするようになり、出会ってから半年で結婚することが決まりました。
彼はイケメンではありませんが、なんと製造業に携わる社長ということが分かり、優しくて性格も良く、本当に最高のパートナーです。これからもずっと仲良くして、共に助け合い、世界一のおしどり夫婦でいたいと思います。

ネットで出会って仲良くなった

222

周りには同じ趣味の友達がおらず、それでも友人との付き合いは楽しかったのですが、趣味の話を誰かとしたい、という欲がどんどん大きくなり当時はネットで友人を探したりであったりなどがメジャーではなかったので、少し後ろめたい気持ちはあったのですが、ネットの趣味友を探すサイトに登録しました。

そこで同じ趣味をもつ、現在の旦那と知り合いました。読書が趣味なのですが、基本的にミステリーを読む体質なのでもっとこの面白いミステリーについて語ったり、新しい書籍や作家を知りたい、話したいという事で旦那とネットでやり取りをし、遠距離ではあるものの一度住んだことのある土地の人だし、好感のもてる人だったので会うことにし、何度か会っていくうちにやっぱり面白い人で、趣味もあい、話もあうし、若いうちにここまで趣味のあう人と出会うことができるなんて運命なんじゃないか、と思い結婚までしました。

実際結婚してからも平和に暮らしていますが、旦那はあまり本を読まなくなりました。こちらが薦める本は読んでくれるので買ってきて読んで渡したりしていますが、いい出会いだなぁと思っています。

実はSNSで出会って結婚しました

280

もう今では「mixi(ミクシー)」を知っている若い世代なんていないのかも知れませんが、一時期mixiが流行っていた時代があるのですよ。

mixiとは、Facebookが主流になる大分前に流行っていたSNSなのですが、当時は私の周囲でもやっている人がチラホラいましたね。そのうち、みんながmixiをやり始めて、そのうち下火となり、今では誰もやっていないぐらいなのですが。mixi自体の迷走が原因なのかはわかりませんが。

まあmixiの話はさておいておいて、まあ言ってしまえば今のパートナーこと旦那さんとは、当時流行っていたmixiというSNSで出会ったわけです。mixiにはさまざまなコミュニティーがあり、自分の好きなものを取り上げているコミュニティーにて、旦那とは出会ったのですよね。とは言え、ネット上の話であり、出会ってから1年は面識もなかったのですが。

けれども共通する好きなもののコミュニティーでのやりとり自体は頻繁におこなっていました。それでお互い20代で若い&異性ということで、お互いに興味を持ち出しますよね。それで実際に会うこととなり、そして共通項が多いことから話は盛り上がる盛り上がる…というわけで、自然な流れで3年の月日を経てゴールインとなりました。